新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を発売

Hondaは、「CLARITY(クラリティ)」シリーズにプラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV(クラリティ ピーエイチイーブイ)」を追加し、7月20日(金)に発売します。

Hondaは、2030年をめどに四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指し、電動車両の開発を進めています。クラリティ PHEVは高い環境性能に加え、力強いEV走行性能、大人5人がゆったり座れる上質な居住空間や広い荷室スペースといった、上級セダンとしての魅力を兼ね備えたプラグインハイブリッド車です。

Hondaの革新的な2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースに、バッテリーの高容量化やコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能向上により、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)※1114.6km※2を実現しました。さらにEV走行駆動力を大幅に高めることで、走り出しから高速域まで、EV走行の持続範囲を大幅に伸ばしています。

また、高効率な走行を実現する3つのドライブモードを搭載。「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」をバッテリーの充電状態や走行の状況に応じて常に最適なモードを自動的に選択し、シームレスに切り替えます。

関連記事

  1. 「N-BOX」シリーズが2019年 新車販売台数 第1位を獲得

  2. 1.5L VTEC TURBOエンジン搭載の「VEZEL TOURIN…

  3. 「N-BOX」を一部改良し発売

  4. 新型「N-WGN/N-WGN Custom」をホームページで先行公開

  5. 新型「INSIGHT」を発売

  6. 「STEP WGN」を一部改良し発売

カテゴリー

コンテンツ

フェイスブック