2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「N-ONE」が「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞

Hondaの「N-ONE(エヌワン)」が、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)で「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。Hondaとして、K CAR オブ・ザ・イヤーは初の受賞となります。

2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて 「N-ONE」が「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞

「N-ONE」

K CAR オブ・ザ・イヤー受賞理由

 伝統を守りつつ、中身を刷新した開発姿勢。それによって手に入れた登録車を凌駕する動的質感に評価が集まった。ターボエンジンの設定やHonda SENSINGの搭載などで長距離走行も難なくこなすが、自然吸気エンジンの優れた静粛性や動力性能の高さも支持された。軽自動車で初めて、FFターボ車に6速MTを設定したことも高く評価された。

※ 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会のホームページから引用

 2020年11月に発売したN-ONEは、Nシリーズの提案する「Nのある豊かな生活」という想いのもとに、日々の生活に寄り添いながら末長く愛せるクルマを目指しました。
エクステリアは、N-ONEらしさを構成する基本のかたちと定めた「丸・四角・台形」を継承しつつ、より走る楽しさを感じられるデザインに磨き上げました。また、インテリアは、Honda独自のM・M思想※1に基づいたミニマルな室内空間の追求により、「心地よい開放感」を高めました。
日常の街乗りからロングドライブまで、日々の運転のなかで身近に「運転の楽しさ」「操る喜び」を感じられるよう走行性能を磨き上げるとともに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※2を標準装備とし、あらゆるシーンで快適にクルマを使うために必要な安全性能を追求しました。

  • ※1マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想。人間のためのスペースは最大に、機械のためのスペースは最小限にして、クルマのスペース効率を高めようとする、Hondaのクルマづくりの基本的な考え方
  • ※2Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
    詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/

関連記事

  1. 「N-VAN」を一部改良し発売

  2. 「STEP WGN Modulo X」をマイナーモデルチェンジして発売…

  3. 「N-BOX」改良モデルをホームページで先行公開

  4. 1.5L VTEC TURBOエンジン搭載の「VEZEL TOURIN…

  5. 「N-BOX」を一部改良 電子制御パーキングブレーキを搭載して発売

  6. 個人向け月額オールインワンサービス「楽らくまるごとプラン(略称:楽まる…

カテゴリー

コンテンツ

フェイスブック